ブラックオリンピア

当園こだわりの「ハチミツぶどう」

その濃厚な味わいから「ハチミツぶどう」と言う異名を持つ「ブラックオリンピア」。
昭和38年に「巨峰」と「巨鯨」の交配によって生まれた”幻の赤ぶどう”「オリンピア」を改良した品種です。

とろけるような甘さ(糖度18度以上)で味わい深く、「巨峰」と比べて酸味や渋味も少なく非常にバランスがとれたぶどうです。

また、「巨峰」や「ピオーネ」などに比べて流通量はずっと少なく、当園開園当初から生産を続けているこだわりのぶどうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. サニールージュ

    デラウェアの粒を大きくしたようなぶどうです。種はなく、果実の色は紫赤から濃紫で、甘味が強く、皮離れがよく、食味に優れています。

  2. ルビーロマン

    石川県が14年の歳月を費やして、平成20年(2008年)に市場に送り出した、綺麗なルビー色をした超大粒ぶどうです。 平成28年7月の初セリ値はなんと110万円(1粒約3万8千円)! 今、日本で最も注目されているぶどうです。

  3. スチューベン

    ニューヨーク生まれの高糖度ぶどうです。

  4. ハニービーナス

  5. クイーンニーナ

  6. シャインマスカット

    緑黄色の果皮は薄くてやわらかく、パリッとした歯ごたえで、皮ごと食べられます。糖度は18度以上で高く、酸味は控えめ。果汁も豊富で、ジューシーで上品な甘みと高貴な香りが楽しめます。 全国で人気が高騰していて、いま最も注目されているぶどうの一つです。

ページ上部へ戻る