スチューベン

ニューヨーク生まれの小粒の高糖度ぶどう

スチューベンは、「ウェイン」種と「シュリダン」種の交配により、1947年にニューヨーク農業試験場で生まれました。

小さい粒で種ありのため、少し食べづらさがありますが、糖度が20度以上と抜群に甘くて美味しい品種です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. サニールージュ

    デラウェアの粒を大きくしたようなぶどうです。種はなく、果実の色は紫赤から濃紫で、甘味が強く、皮離れがよく、食味に優れています。

  2. デラウェア

    種なしぶどうの定番!果皮が赤紫色で、粒は小さめ。糖度20度以上の甘さとほどよい酸味が調和し、さっぱりとした味わいで、小さいお子様から大人の方まで喜んでいただけるぶどうです。

  3. ハニービーナス

  4. シャインマスカット

    緑黄色の果皮は薄くてやわらかく、パリッとした歯ごたえで、皮ごと食べられます。糖度は18度以上で高く、酸味は控えめ。果汁も豊富で、ジューシーで上品な甘みと高貴な香りが楽しめます。 全国で人気が高騰していて、いま最も注目されているぶどうの一つです。

  5. ルビーロマン

    石川県が14年の歳月を費やして、平成20年(2008年)に市場に送り出した、綺麗なルビー色をした超大粒ぶどうです。 平成28年7月の初セリ値はなんと110万円(1粒約3万8千円)! 今、日本で最も注目されているぶどうです。

  6. 安芸クイーン

    鮮やかな紅色と上品な食味で女性に大人気!

ページ上部へ戻る